記事一覧

MCTオイルがダイエットに効果的!特長や危険性を知って使えば安全

oil-1740868_640.jpg
話題のMCTオイルは中鎖脂肪酸100%で、ココナッツオイルよりもその割合が高く、ダイエットに効果的なことから今人気です。加熱すると危険とも言われていますが、特長を知って上手に使えば安全ですよ。簡単に紹介します。

◼︎MCTオイルとは?


hatena-1184896_640.png

中鎖脂肪酸100%のオイル


MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルで、MCTとはmedium chain Triglyceridesの頭文字を取ったもので、中鎖脂肪酸のことです。中鎖脂肪酸はココナッツなどに含まれる天然由来の成分で、牛乳や母乳にも含まれています。

◼︎中鎖脂肪酸とは?


hand-1218086_640.png

脂肪酸の長さが半分


脂肪酸は炭素同士が結合してできていますが、その長さの違いで短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分けられます。中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて長さが約半分で、キャノーラ油やオリーブオイルなど植物油の多くは長鎖脂肪酸からできています。

◼︎中鎖脂肪酸の特徴


runners-802904_640.jpg

消化吸収が良くてエネルギーになりやすく、ダイエットに効果的


中鎖脂肪酸は、消化吸収が良く、エネルギーになりやすいという性質があり、脂肪酸の中で最も脂肪になりにくいと言われています。 代謝を促して体に蓄積した脂肪を分解する働きがあるため、体に脂肪をつきにくくする効果があるとされています。

◼︎MCTオイルの危険性


sign-1732791_640.jpg

1.加熱できない


MCTオイルの特徴のひとつは発煙点が150度と低いことです。発煙点は油を加熱し続けたときに煙が発生する温度です。そのため、加熱すると煙が発生しやすく、調理には使えません。

2.摂りすぎると下痢することも


一度にたくさん摂取すると、下痢や腹痛が起きることがあると言われています。適正量にするようにしてくださいね。

■MCTオイルの摂り方


asparagus-1307604_640.jpg

かけたり混ぜたりするだけで簡単!


MCTオイルは透明で味や匂いがほとんどなく、普通の油と違ってサラサラしたオイルです。そのため、料理や飲み物、調味料に混ぜるだけで簡単に摂取できます。無味無臭なので、本来の食べ物や飲み物の味を邪魔しないのも魅力のひとつです。

【MCTオイルの摂り方の例】


⚫︎炊飯時に入れる
⚫︎ドレッシングやマヨネーズに混ぜる
⚫︎スープに入れる

◼︎おすすめのMCTオイル


◆ 日清オイリオ МCTオイル 450g





1日30gが目安なので、2週間分です。

◆仙台勝山館MCTオイル 360g 2本入り




送料無料で期間限定で今ならポイント3倍キャンペーン中なのでおすすめです。

◆仙台勝山館 MCTオイル スティックタイプ




スティックタイプで7g×10包入りです。MCTオイルを試してみたい人、会社やランチなどで使いたい人におすすめです。

◼︎MCTパウダーもおすすめ


オイルのままだと油っぽくなるのが嫌な場合には粉末状のパウダータイプもありますよ。

◆日清MCTパウダー 250g缶




温かいものや冷たいものに溶けて、手軽に使えます。

◆日清MCTパウダー スティックタイプ



MCTパウダー 13g×30パック入りです。携帯に便利です。

■MCTオイルで効率の良いダイエットやスポーツを


lose-weight-1968908_640.jpg

MCTオイルは上手に使えば危険性もなく、手軽にダイエットやスポーツの効率をあげてくれそうな食品です。少し高価ですが、一度試してみる価値がありそうですね。